秋山医院は患者さんと医師との綿密な連携ができる、皆さまのかかりつけ医を目指しています。

院長挨拶

  • HOME »
  • 院長挨拶

守口市医師会・内科、胃腸科の秋山医院。秋山剛士院長。 医療をとりまく環境がこれだけめまぐるしく変化している昨今、その時々の状況に対応していくことはもちろん必要ですが、秋山医院の地域密着型医療という根本的な診療方針は昭和48年の開業当初とまったく変わっておりません。

また同じ疾病でも年齢や性別、その方の嗜好や生活様式によって治療方法は多岐にわたります。

単に検査をして、薬を渡して、というような通り一遍の医療ではなく、患者さん個人個人の生活の質(QOL;Quality Of Life)を重視した医療をおこなうことが、治療の質を上げることにもつながると考えています。

そのために患者さんと医師との綿密な連携ができる、つまり些細なことでもお話ししていただける、皆さまのかかりつけ医というものを私は目指していきたいと思っています。
どうか皆さま、どのようなことでも結構です。ご自身の健康相談、現在の治療に対する疑問、家族の病気の悩み、等々お気軽にお話しください。

秋山医院院長 秋山剛士


※前院長が診療所移転当時に寄せたものです

守口市医師会・内科、胃腸科の秋山医院。前院長・秋山 憲敏 光陰矢の如し  顧みれば暖房の石油の購入がままならなかったオイルショックの年 昭和48年10月に秋山医院を開設 以来はや30年になりました
多くの地域の方々のご支援と医療スタッフの皆さんのご協力あってこそと 感謝の気持ちでいっぱいです
この度 診療所を新築移転し皆様方に更にお役に立てるべく 最新の医療機器等を駆使し良質な医療の提供を目指しております

小生最近は医院での診療のほか社会保険支払基金での審査 大阪府警守口警察警察医 府立守口東高等学校学校医の仕事等 多忙を極めておりますが 幸い 息子秋山剛士が手助してくれており 今後は二人して地域医療に邁進する所存です 。
(写真;フィリッピン、ネグロス島で医療奉仕する院長)

平成15年11月吉日
院長 秋山 憲敏

秋山医院ロゴ

院長プロフィール

平成6年関西医科大学卒業

関西医科大学附属病院第3内科(消化器肝臓内科)入局

附属病院勤務

平成15年関西医科大学大学院修了

関連病院勤務

平成18年より秋山医院院長

趣味

スキー

スキューバダイビング

フィットネス

食べ歩き

阪神タイガースのファン

診療時間のご案内

診療時間表はクリックで拡大します

住所をクリックするとグーグルマップが表示されます

06-6991-2710

関西医科大学附属病院のホームページです。 関西医科大学は院長の母校で、院長は同病院の消化器内科出身です。

関西医科大学

『Zensoku.jp』  喘息は発作を止めるのではなくて、発作を出さないようにする治療へ。

糖尿病、高脂血症、痛風(高尿酸血症)、高血圧症、腎臓病など食事療法が必要な方にぴったりの 医療食オンラインショップです。翌日配達も可能。

マイクリニックは全国各地の病院・医院や、役に立つ医療情報を紹介しています。

PAGETOP
Copyright © 秋山医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.